フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 酔うとコレッ。 | トップページ | ナスナスナスナス♪ここっナス♪ »

2010年8月19日 (木)

糖分の実験。追記ビールあり。

以前より飲み物などに糖の分量の表示がないときに一般用の

グルコースキット、新ウリエースなんかを浸けるとある程度わかるというブログを

見たことがあります。

焼酎(甲乙混和焼酎)と日本酒(合成酒)で実験してみました。

Th_rimg0040

言うまでもなく、左が焼酎。右が日本酒です。

私の試験紙は糖と蛋白検出紙なので高いですが、糖だけのだと

50枚で1,000円以下だったと思います。

後で0ビールとAsahiOFFでも試してみます。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

【追記】

ビールでしてみました。

バーゲンブロー0です。ちょっと微妙かも。

Th_rimg0041

Asahi offです。問題なさそうです。

Th_rimg0042

もう少し、いろいろな種類を見てみたいですね。

ただ、どの程度までなら良いのかが良くわかりませんが。

個人的には±〜+あたりをメドにしようかと思っています。

« 酔うとコレッ。 | トップページ | ナスナスナスナス♪ここっナス♪ »

01:無題」カテゴリの記事

コメント

興味深い実験ですね。
これは焼酎、日本酒を飲んだ後の「尿」に漬けての結果ですか?
それとも実物に漬けての実験ですか?
容器の文字に「尿」と在ったので、もしかしたら・・・と思い聞いてみました。

おさかなさん こんにちは。

これは、実際にお酒に浸けての結果です。

もし尿で日本酒みたいな色になったら、小心者の私は卒倒します(⌒▽⌒)

ただ、色が強力に付いたものでは判定ができないかも知れません。

例えばファンタとかコーラ、赤ワインみたいなのは、どうなんでしょうか?

《実際にお酒に浸けての結果です》のお答えに、チョット、ホッとしました(^_^;)
「尿」の文字に反応してしまいまして・・・

そっか、色付きのモノだと「検査の結果」では無く、ただの「色素」になってしまいますものね(笑)

おさかなさん 今晩はです。

これはきっと糖質検査に役立つと思いますが、

色物はどうかと。

しかし、ナスの天才ですね(⌒▽⌒)アハハ!

色物も大丈夫ですよ
って、アタシが浸してガッテンをするのは赤ワインだけですが
試薬の部分がワインレッドに染まることはありません

一週間家を空けていたので野菜の在庫が限られてます
今夜はさっそく茄子マヨを作ってみよう

おさかなさんは、ジーナス???

ぴんすけさん 色物もダイジョブですか?

>おさかなさんは、ジーナス???

うまい!!どっかにいる山田君、ぴんすけさんに座布団3枚やっとくれ!

HAMACさん はじめまして。えむけんと申します。
いつも興味深くブログを拝見させていただいています。

それにしてもこの実験はなかなかのアイデアでシャレてますね!
尿糖の検査紙で飲料の糖分を推定するなんて、それだけで面白い
試みですし、多くの糖尿人の安心にもつながる一石二鳥の内容と
思います。

色の強いお酒や飲料だとどうなるかわかりませんが、いろいろな
サイトでいろいろな飲み物の測定がなされると楽しそうです。

えむけんさん はじめまして。

赤ワインなんかでも大丈夫なそうです。

今度ファンタZEROグレープで試してみようかと思っています。

後はエビスビールですね。

ぜひ、えむけんさんも試してみてください。

リンクありがとうございました。こちらもリンクさせていただきます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酔うとコレッ。 | トップページ | ナスナスナスナス♪ここっナス♪ »