フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 呑んで、食べて。 | トップページ | 炭水化物祭りの血糖値は、やはり後の祭り。 »

2010年8月 9日 (月)

定期検診。

定期検診から帰ってきました。0ビール呑んでいます。結果は以下です。

Th_226

尿酸値劇的に下がりました。

9.3→7.1!!

ビタミンC、クエン酸の大量摂取による改善が証明されました。

自分人体実験、大成功です!!!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

γ-GTPも二桁に落ちた。

中性脂肪に関して、医師は、他の数値から鑑みて、この数値はおかしい?

突発的な数値であろう。とのことでした。

尿ケトン体が3+がでました。これっていいのか、悪いのか??????

知っている方いらしたら教えてください。なんせ尿検査したの糖尿発症時だけで

今回で2度目なので、良く分からんのです。

ただ、医師は緑さんのコメントと同じで、朝食抜きで飢餓状態、夏で汗をかく、ので

高いのかな。とのことでした。

さてこれから炭水化物祭りと行きましょうかね。

« 呑んで、食べて。 | トップページ | 炭水化物祭りの血糖値は、やはり後の祭り。 »

06:糖尿病の検診・献血データ」カテゴリの記事

コメント

HAMACさん こんにちわ~

やった~!!!!
ワタシも思わず声が出ちゃいました!!!(勤務中)

劇的な低下・・・本当におめでとうございます。
7.1なら、正常範囲内ではないですか?

このまま、もう少しビタミンCとクエン酸で数値が落ち着くとかなり嬉しいですね。
日々の努力の賜物だと思います。そして、毎日続けていらっしゃるHAMACさんにも頭が下がります。
うぉぉぉ~って叫びたくなる気持ち、ご理解いたします。
は~★ホントによかった。。。

ケトン体は、松さんもおっしゃっていたように、「脂肪が燃えている」と理解してワタシはアレ以降気にしないようにしました。実際に数値を見た本人は「大丈夫か?」って思っちゃいますけどね。
ここらへんは、ハンモックさんに解明してもらいましょうかね?(笑)

肝心のHbA1cも想定より低かったじゃないですか・・おめでとうございます。
その他、コレステロールも範囲内だし、日々の積み重ねで「健康レベル」が上がっていますね^^

炭水化物祭り♪ 何をめしあがるのか・・楽しみです★

緑さん こんにちは。

数値的には前回よりいいかなって感じです(⌒▽⌒)アハハ!

しかし、もはや酔っ払いです。

さて、炭水化物祭り後の血糖値を計らなくては・・・。

きっと、後の祭りだろうなぁ・・・。

ケトン体のことわかりました。あまり気にしないようにします。と言うか、燃えてます!!って感じで(⌒▽⌒)アハハ!

尿酸値、劇的な下がり
おめでとうございます!よかったですね。

HAMACさん、こんばんは。
尿酸値の劇的低下、おめでとうございます。
良かったですね(*^_^*)
私も来週、定期検診です。
食欲不振で困っていますが、普段どおりのことをして臨みたいと思います。

りんこ3さん 尿酸値、下がって良かったです(TдT)

結構、気にしていたので一安心です(⌒▽⌒)

ミゼさん こんばんは。

>尿酸値の劇的低下、おめでとうございます。

ありがとうございます。

定期検診の良い結果を願っております。

私は食欲全開で困っております。

尿酸値、下がってよかったですね。
これで、痛風になる可能性は、ほぼなくなりましたね。

尿アルブミン値、の検査はしないのですか?
確か、以前、かなり高かったのが、改善させていましたよね。

今日は、ビール500ml×1本になりました。
焼酎禁止指令発動されてしまいました。

血糖値が正常であれば、ケトン体については安心してよいと思います。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-23.html

ケトン体の基準値は26~122μM/lですが、これはあくまでも、現代人が日常的に三食以上糖質を摂取している条件下の基準値です。

断食中や 糖質制限食の初期の段階だと、「脂肪酸-ケトン体」エネルギーシステムが活性化するので、血中ケトン体は2000~4000μM/lていどに上昇するのが普通です。

江部康二のように8年間、スーパー糖質制限食を続けている場合、ケトン体は、300~1400μM/lていどで、当然とっくに尿中ケトン体は陰性化しています。これは、糖質制限食を実践している場合の正常値、そして農耕以前の人類の正常値と考えられます。

要するに「脂肪酸-ケトン体」システムが活発化すれば、単純に血中のケトン体値は高値となりますが、インスリン作用が確保されていて、血糖値が正常なら全く何の問題もありませんし、これは生理的な現象なのです。

糖尿病のコントロールが悪くて、血糖値600mgとか、インスリン作用が欠落している時の病理的ケトン体上昇とは、はっきり区別する必要があります。

----------------------------

こちらではさらに詳しく解説しています。

http://sunap21.blog14.fc2.com/blog-entry-782.html

自来也さん おはようございます。

尿アルブミンは検査していません。

血液中のアルブミンのみです。

以前高かったのは、血中尿素窒素です。現在平常値です。

尿酸値の減少には驚きました(⌒▽⌒)アハハ!

おろっ、何かあっての減酒ですか??

さわさん おはようございます。

情報ありがとうございますm(__)m

一通り見て、なるほどと安心しました。

やはり、糖質制限が一番確実で、理論的な治療であることが、

私ごときの検査数値でも実証されました。

これを認めようとしない学会はアフォウですね(⌒▽⌒)アハハ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 呑んで、食べて。 | トップページ | 炭水化物祭りの血糖値は、やはり後の祭り。 »